製品情報

CAMWorks ワイヤEDM
(コアレス・上下異形状)

パンチやダイを自動認識してワイヤパスを作成

ワイヤEDMでも、AFR(Automatic Feature Recognition)機能で忙しいあなたに代わってCAMWorksが加工を考えます。

◆ソリッドモデルから加工部位を自動認識

モデル中のパンチ・ダイス・オープン輪郭を自動的に認識して、加工フィーチャーとして登録されます。

◆ストレート・テーパーも自動認識

認識されたフィーチャーは、側面の角度も自動認識され、ストレートはもちろん、テーパー角度も自動認識されます。

◆加工データベースに沿って自動的にパス作成

フィーチャーの形状等(板厚・素材材質・ワイヤ径など)に合わせて、データベースから最適な加工条件が選択され、自動的にパス作成されます。もちろんデータベースは自社の加工パターンに沿った登録もでき、効率的にパス作成が行えます。

対話操作で簡単、高度な加工もラクにこなせます

◆上下異形状(4Axis)

上面と下面で加工形状が異なる上下異形状加工も、それぞれの面を選択するだけで簡単に定義できます。またスケッチだけで形状指示できるため、2次元図面からでも少ない手順で加工定義ができます。
上下面の要素数が異なる場合は、自動フィットコマンドで側面要素を自動的に整えられるので、多くの要素を持つ加工形状でも素早く整形できます。また部分的に制御点を移動して思い通りのラインへ仕上げることも可能です。

多彩な加工動作を実装しています

CAMWorksワイヤEDMモジュールは多彩な加工動作でワイヤ加工を効率化します。

◆カットパターン

◆加工設定

◆その他

◆その他の加工操作

その他異形の加工面に対して、効率の良い加工角度を自動で求められる「面加工」や、多段穴へも柔軟に対応できる「穴あけ」機能など、多彩な加工操作でデータ作成を効率化できます。

柔軟な加工条件データベース

各種ワイヤEDM加工機に固有の加工条件設定に沿った登録が行えます。使用する素材・素材板厚・ワイヤ材質・ワイヤ径毎にテーブルを持ち、自社に合った加工条件を登録出来ます。

 

CAMWorksの機能・特徴を日本語版デモビデオでご紹介します。 CAMWorks<sup>®</sup>デモビデオ

SolidWorksは、Dassault Systemes SolidWorks Corporationより提供される機械設計用途の3次元・CADソフトウェア(3Dソリッドモデラー)で、新機能のほとんどを標準パッケージに追加し、商品ラインナップがシンプルであるため、商品の選択・把握が容易であることも特徴のひとつです。